ホーム >> スタッフブログ >> 【活動報告】残存防潮林数え&芋煮会を開催
最新のブログ
メニュー
カテゴリー
メニュー
月別アーカイブ


メニュー
ライン

【活動報告】残存防潮林数え&芋煮会を開催

こんにちは!スタッフの細田です。最近、朝夕がすっかり肌寒くなってきて、冬が近づいてきていると感じます。東北で冬を越すのは初めてなので、少し身構えています。暖かい服を東京から送ってもらわなければと焦っています。

さて、今回は10月6日(土)に実施された、市民参画「残存防潮林数え&芋煮会」の報告をしたいと思います。この企画は、ワークショップ参加者から提案されました。津波を生き延びた防潮林は、地域の歴史や文化を反映したもの。今後防潮林を復興させる時に、切り倒さないで残して欲しいという想いから、せめて今残存している防潮林を数えて、亘理町役場に報告しようという主旨です。

今回の該当範囲は、吉田地区東部に位置する町有林です。全体防潮林100ha(黄色い部分)のうち、町有林は約60ha(赤枠部分)。そのうちの残存部分(赤塗りつぶし部分)にある防潮林を数えました。
スクリーンショット 2012-10-17 6.08.32.png

当日は、41名の方が参加して下さいました。朝9時に旧長瀞小学校に集合です。スクリーンショット 2012-10-17 5.55.46.png

そして、今回の企画者である一夫さんから挨拶。この企画のために1ヶ月間ずっと準備をして下さいました。事務局の朝会や定例ミーティングにもいらっしゃって、地域の声を届けてくれたり、アドバイスを下さいます。本日の予定等を話して下さいました。
スクリーンショット 2012-10-17 5.56.20.png

そして早速、現地へ移動。残存防潮林を数えるといわれてもどのように?まずは、苗木業者の加藤さんから手順説明です。
スクリーンショット 2012-10-17 5.56.47.png

5〜6人のグループに別れて行うことになりました。下は各グループのリーダー達。選りすぐりのリーダーです!
スクリーンショット 2012-10-17 5.57.18.png

さあ、早速開始。まずはロープを結び、長いロープを作ります。
スクリーンショット 2012-10-17 5.58.55.png

今回は南北に50m、東西に150mのエリアなのですが、東西方向にロープを数本はり、エリアを区切っていきます。そして区切られたエリア内にある防潮林を各グループで数えていきます。
スクリーンショット 2012-10-17 5.59.19.png
スクリーンショット 2012-10-17 5.59.41.png

数えた本数を紙に書いていきます。方法はいたってシンプルですが、こういう知恵は大切です。
スクリーンショット 2012-10-17 6.00.18.png

結果は、防潮林面積の一部分(0.75ha)のエリアに計331本(誤差±5本)残存していました。内訳は下記です。
・生きたマツ:227本
・枯れたマツ:69本
・サクラ:30本
・他:5本
密度で表すと、1haあたり441本です。約20㎡に1本の割合なので、中に入るとスカスカに感じました。

さて、残存防潮林数えの後は、お昼ご飯。はらこ飯と芋煮です!こちらは、はらこ飯部隊が朝から集まり、調理をして下さっている様子です。
スクリーンショット 2012-10-17 6.04.13.png

はらこ飯は、サケの切り身とイクラをふんだんに使った炊き込みご飯です。亘理町の特産品でもあります。秋になると町外からもはらこ飯を食べにくる人が沢山いるそうです。家庭料理らしく、地元の方は家で作る様です。おいしそう。
スクリーンショット 2012-10-17 6.04.24.png

お昼の様子です。山の上です。一面原っぱで、景色も良くとても気持ちのいい昼下がりでした。はらこ飯の隣にある、お椀に入っているのが芋煮です。里芋や豚肉、にんじん、大根、しめじ等々、具沢山のお汁です。とてもとても贅沢なお昼でした。ごちそうさまでした^_^
スクリーンショット 2012-10-17 6.02.19.png

最後は、みんなで集合写真。改めて見るとすごい人数。ワークショップ第1回の時は、知っている人が数人だったのに、今は全員知り合い。確実にコミュニティが広がっていっていることを実感しました。
スクリーンショット 2012-10-17 6.03.07.png

皆さん、真ん中にグリーンな方が実は3人います。事務局から「グリーンベルトで賞」として表彰させて頂きました。感謝の気持ちをこめて。本当にお世話になっております。。。これからも宜しくお願いします!




 

ライン