ホーム >> スタッフブログ >> 【報告】長瀞小学校でわたりGBPの総合学習を実施(2013. 7. 9)
最新のブログ
メニュー
カテゴリー
メニュー
月別アーカイブ


メニュー
ライン

【報告】長瀞小学校でわたりGBPの総合学習を実施(2013. 7. 9)

みなさん

こんにちは!
事務局の細田です。

しばらくブログの更新が滞っておりました(^_^;)
普段の活動の様子は、わたりグリーンベルトプロジェクトfacebookから発信しています。そちらもご覧下さい!


さて、今年は、わたりグリーンベルトプロジェクトとして、
亘理町立長瀞小学校4年生の総合的な学習の時間を御一緒することに決まりました。
来年2月まで、「考えよう わたしたちのマスタープラン」というテーマで行います。

長瀞小学校は、亘理町沿岸部の吉田地区が学区域の小学校です。被災をして、今は内陸部にある吉田中学校を間借りをして授業を行っています。

目的は、
・防潮林の必要性を学ぶ
・自分の地域の将来を考える
・学び方を学ぶ
になります。

どうやったら子ども達に楽しみながら、
まちの未来に想いを馳せてもらえるのか、
子ども部会3名メンバーで、事前の打ち合わせを重ね、臨みました。
(アドバイスを下さった皆様、ありがとうございました!)

今回は、講師として招かれ、2コマの授業を行いました。

わたりグリーンベルトプロジェクトを知ろう(2限目)

まずは、「沿岸部の現状を知ろう」ということで、
震災前の写真を見せ、「これはどこか分かるかな?」と質問すると、
「はーい」と沢山の手があがりました。
スクリーンショット 2013-07-16 17.54.33.png

そして、震災後の写真。
「白い!」「何もない!」との声があがります。
スクリーンショット 2013-07-16 17.54.02.png

現状のイメージを掴んでもらうために、1ヶ月前に沿岸部で撮影した
・破壊された防波堤
・沿岸部のマツ
・浜の植物
・盛り土等の防波堤工事
・海
等々の写真を見せました。
スクリーンショット 2013-07-16 17.54.13.png

スクリーンショット 2013-07-16 17.54.23.png

震災後に沿岸部に行った生徒は、全体の4分の1ぐらい。

沿岸部の写真やお話は、少し過激かもしれないと危惧していましたが、
自分たちが知っている風景と違う現状に、子ども達は、驚きつつも興味津々でした。
スクリーンショット 2013-07-16 17.53.50.png

そして、わたりグリーンベルトプロジェクトの活動紹介では、苗木も見せて説明。
1年目のマツを見せると、「ちっちゃ〜い」との声。
スクリーンショット 2013-07-16 17.53.29.png

これらの苗木を沿岸部に植樹して、森になるまでは、20年〜30年。
「みんなが30歳〜40歳になるころだね」と。
木が育つのに長い年月が必要だということを、実感したようでした。

その後は、昨年に開催した「みんなでこせっぺ!おらほの森」ワークショップの様子を
映像で見てもらいました。しーんとなり集中。
スクリーンショット 2013-07-16 17.53.15.png

防潮林と地域の関わりを知ろう(3限目)

3限目は、元大畑浜北区の区長だった鈴木さんを講師にお招きしました。
スクリーンショット 2013-07-16 17.53.04.png

防潮林は、内陸部の住民の安全を津波や高潮から確保するためだけではなく、
農作業のために飛砂や潮風をふせぐ役割をもち、また燃料、遊び場として活用されたり
生活に密着していたものでした。

だからこそ、維持管理も集落で行うのが当たり前だったのでしょう。

子ども達が思い浮かぶ防潮林(浜)との思い出は、
・浜を歩く
・ドライブ
・釣り
・温泉で海の音を聞く 等々

鈴木さんの思い出は、
・カブトムシ採り
・きのこ採り
・ミズオアイ鑑賞
・防潮林の下草刈り
・防潮林の植樹 等々
スクリーンショット 2013-07-16 17.52.36.png

昔と今の違いは、面白かったようで、
みんな、一生懸命にノートにメモをしていました。

わたりグリーンベルトプロジェクト活動への想いを知ろう(3限目)

その後は、わたりグリーンベルトプロジェクトで一緒に活動している大村さんから、
・「震災前の自分」
・「震災時の自分」
・「震災後の自分」
・「今の自分」
を語って頂きました。
スクリーンショット 2013-07-16 17.52.21.png

震災前には、まちのイベント等には無関心だったけれど、
震災で「自分のまちの為に何か出来ることはないか」と思い、
わたりグリーンベルトプロジェクトだけに限らず、多くの地域活動に関わり始めました。

全ては、「自分に出来ることはないかな?」の想いから動く大切さ、伝わったかな。
みんなも沢山出来ることあるんだよ。

今日勉強して自分に出来ることは何だろう

最後は「今日勉強して自分に出来ることは何だろう」
という題で感想を書いてもらいました。

すらすら書く子、うーんと筆が止まる子、
最後はみんな書いてくれました。
スクリーンショット 2013-07-16 17.52.10.png

下記に一部を抜粋します。

・ぼくは、防潮林をもっとふやし、つなみのひがいをできるだけなくすため、
 ぼくはグリーンプロジェクトに入ってみたいです。
 プロジェクトに入り、次の子どもに、しあわせになってもらうため、
 (中略)次の子にもグリーンベルトプロジェクトに入ってもらいたいです。(省略)

・自分にできることは、木をうえるのを、てつだうことです。みどりをふやす。
 グリンプロジェクトをやりたいとおもった。

・海をきれいにしていきたい。すてないようにこえがけする。

・(中略)10年〜30年後バスケット場もつくりたい。(省略)

・(中略)わたりをえがおにあふれたたのしいばしょにしたいとおもいます。

・(中略)区長さんがやっていた昔の遊びをやってみたい。
 防潮林がどうなっているかを写真だったので実さいに見てみたい。
 実さいに浜辺に行って鳴り砂を聞いてみたい。

・(中略)自分たちで、亘理町にしかない緑あふれる大きな公園をつくりたい。
 ぼくたちのふるさと亘理町を、ずっとずっとつづくようにしたい

そして、最後の挨拶。
スクリーンショット 2013-07-16 17.52.01.png

まちの未来を想う心は、大人も子どもも一緒だなと感じました。
みんながどんな大人になっていくのか、
みんなが大人になる時にはどんな亘理町になっているのか、楽しみです。

子どもたちの一生懸命さから、私達も沢山のことを学ばせて頂いた気がします。
ありがとうございました。

今度の授業は9月です!
今、育てている苗木の鉢替え作業を行う予定です。

ライン