ホーム >> スタッフブログ >> 【活動報告】長瀞小地区の宝物図鑑の発表会(2014.11.28)
最新のブログ
メニュー
カテゴリー
メニュー
月別アーカイブ


メニュー
ライン

【活動報告】長瀞小地区の宝物図鑑の発表会(2014.11.28)

こんにちは。事務局の細田です。

 

9月の授業以来、図鑑づくりに励んできた4年生。発表会当日の前に、追い込みの様子を少しご紹介したいと思います。

 

図鑑発表まであと2週間(11.11)

今までインターネットを中心に調べ学習を進めてきた4年生。昨年に引き続き、安全性、心理的影響、移動手段等の面から現地へ行っての調べ学習は難しいとのことでした。しかし、現物に触れたり、実体験を持っている地域の方のお話を聞くことで、学習が少しでも深まればという想いから学校へお邪魔してきました。

スクリーンショット 2014-12-08 17.29.08.png

 

子ども部会を共に進めている大村さんより、持ってきたものの説明、そして再来訪して頂いた森さんのご紹介をしました。

スクリーンショット 2014-12-08 17.29.24.png

 

現物として、マツやコナラの苗木やマツの実、海岸の砂、貝殻等を持ってきたところ、すぐに生徒達が集まってきました。スクリーンショット 2014-12-08 17.30.32.png

 

鳴り砂グループは「果たしてインターネットで調べた鳴り砂が見つかるだろうか」と肉眼で一生懸命探したり、防潮林グループは「マツがどのくらいで大きくなるのか」を苗木を見ながら実感したり、「どうやってマツボックリからマツが繁殖するのか」を考えるきっかけを得たりしていました。スクリーンショット 2014-12-08 17.30.24.png

 

スクリーンショット 2014-12-08 17.30.53.png

 

貝のグループは、インターネット上の情報に限りがあり困っていた様でしたが、亘理海岸に実際に落ちていた貝を手に取りながら、地域の森さんのお話を聞いて沢山メモをしていました。地域固有の情報収集は、インターネットと聞き書きの組み合わせが必要ですね。スクリーンショット 2014-12-08 17.30.41.png

 

さぁ、ここから2週間。発散した情報を発表に向けてどのようにまとめたのでしょうか。

 

いよいよ最終発表会(11.28)

当日はかなり緊張している様でしたが、発表の内容はすごく興味深かったです。発散した情報が文章や絵を使いながら分かりやすくまとめられていること、そして人に宝物を伝えるために色々な側面からの情報が入っていることがとても驚きでした。聞いている大人も知らなかったことが沢山ありました。

 

下記では、発表の写真とともに、一言コメントを紹介します。

 

1班:鳴り砂

震災前まであった鳴り砂が震災を機になくなってしまいました。また鳴り砂が戻る様に頑張りたいです。

①スクリーンショット 2014-12-08 18.07.09.png

 

2班:だるまストーブ

だるまストーブは昔はお弁当を温めることに使っていたり便利でした。忘れないで欲しいです。

②スクリーンショット 2014-12-08 18.06.56.png

 

3班:防潮林①

人のために役立つ防潮林にまた育ってほしいです。

⑨スクリーンショット 2014-12-08 18.32.15.png

 

4班:みまつ

みまつは、元気、勇気、根気を表し、140歳でした。津波でみまつのうち一本が枯れてしまい伐採されてしまいましたが、みまつの存在を全国に知って欲しいです。

④スクリーンショット 2014-12-08 18.05.59.png

 

5班:防潮林②

地域の人から昔は防潮林内で遊んだと聞きました。未来も遊べるようになっていたらいいです。

⑤スクリーンショット 2014-12-08 18.05.47.png

 

6班:防波堤

未来に残したいです。防波堤の高さをもっと高くして、波を静かにして、(沿岸が)安心して遊べる場所になってほしいです。

⑥スクリーンショット 2014-12-08 18.05.30.png

 

7班:貝

今は震災の影響で海で貝が探せません。早く海に行って貝を探したいです。

⑦スクリーンショット 2014-12-08 18.05.03.png

 

8班:動物

防潮林には色々な動物がいます。1日でも早く、もっと多くの動物が増えればいいです。

⑧スクリーンショット 2014-12-08 18.04.46.png

 

最後には先生より、「宝物を調べることだけが目的ではないよね。それらをどうやって戻していくか、増やしていくかを含め未来の亘理町を考えていきましょう」とまとめて頂きました。

 

次回は、これらの調べ学習を通して、何を感じたか、何に気づいたか、自分達に何ができるかをまとめる授業になります。どんな感想が出てきたか追ってお伝えします。

 

6月の授業の様子はこちらから

9月の授業の様子はこちらから

 

 

 

 

 

ライン