ホーム >> スタッフブログ >> 【活動報告】長瀞小地区の宝物図鑑が出来るまで(2014.9.3)
最新のブログ
メニュー
カテゴリー
メニュー
月別アーカイブ


メニュー
ライン

【活動報告】長瀞小地区の宝物図鑑が出来るまで(2014.9.3)

みなさま、久々のブログ更新になります。事務局の細田です。あっと言う間に冬になってきましたね、お元気にしていますか〜?

 

最初の導入だけしておりました長瀞小地区の宝物図鑑ですが、着々と進んでおりますのでご報告致します!

 

宝物を発表しよう!

夏休みあけの授業では、各々が調べてきた宝物を発表しました。

 

まずは先生からの振り返りで、自分達が住む長瀞小学校地区を眺めてみました。長瀞小学校がどこにあるか?自分の家がどこか?地図を確認しました。

スクリーンショット 2014-12-08 16.40.03.png

 

そして、調べてきた宝物を皆で共有します。

 

想定より、沿岸部に多くの宝物が集まりました。中には夏休みを利用して親御さんに沿岸部まで連れて行ってもらってマツを見てきた!という子もいました。大きく分けると、①鳴り砂 ②だるまストーブ ③防潮林 ④みまつ ⑤防波堤 ⑥貝 ⑦動物のカテゴリーになりました。

 

みまつは、震災前まで長瀞小学校のシンボルにもなっていた三本のマツです。校章にもなっていて、震災後は塩害により枯れてしまいましたが、子供達の心には深く残っていたようでした^^

スクリーンショット 2014-12-08 16.40.24.png

 

中には実際の絵を書いてきてくれたり、写真をはってきた子もいました。面白かったのは、内陸で貝を見つけたという子もいました!きっと津波で流された貝だろうかと皆で話し合ったりもしました。

スクリーンショット 2014-12-08 16.40.31.png

 

図鑑って何だろう?

次の授業ではスペシャルゲストで、デザインがご専門の方をお呼びしての授業です。

図鑑を作るポイントを教えて頂きました。

 

まずは宝物とは?を皆で考えました。大切なもの?今はなくても守っていきたいもの?自分達の近くにあるもの?皆で宝物の定義を再度振り返ります。

スクリーンショット 2014-12-08 16.54.25.png

 

図鑑は疑問を解決する手段、そして伝える手段であることから、図鑑をつくることが、疑問をもつこと、それを調べて何かを発見する過程だと教えてもらいました。

スクリーンショット 2014-12-08 16.54.30.png

 

その後は早速、自分達が思う長瀞小地区の宝物について疑問を書きだしてみます。

 

疑問が次々湧いてくるグループ、中々進まないグループいろいろでしたが、話し合ううちに段々と疑問で紙がいっぱいになってきたようでした。

スクリーンショット 2014-12-08 16.55.13.png

 

スクリーンショット 2014-12-08 16.54.59.png

 

スクリーンショット 2014-12-08 17.12.44.png

 

これからは、この疑問を調べては発見し、発見しては疑問を持ちの繰り返しになります。子ども達がその過程でどんな発見をするか?何を感じるのか?とても楽しみです。グリーンベルトメンバーもその学びの過程を精一杯サポートしていきます!

 

6月の授業はこちら

 

ライン