ホーム >> スタッフブログ >> 【活動報告】シブヤ大学参加者向けツアーを実施しました
最新のブログ
メニュー
カテゴリー
メニュー
月別アーカイブ


メニュー
ライン

【活動報告】シブヤ大学参加者向けツアーを実施しました

ふらっとーほくでは、2012年も亘理町にて皆様と共に防潮林育成プロジェクトを開催しております。


■シブヤ大学とは

2012年1月21日(土)、ふらっとーほく代表の松島が講師を務めた「シブヤ大学」の講義が東京にて開催されました。

 

<シブヤ大学 ふらっとーほく代表 松島宏佑 講義内容>

「【2011.03.11 東日本大震災】 2011年3月11日から今までの、そして、明日からの道~宮城県亘理町で生きる私の話~」

http://www.shibuya-univ.net/class/detail.php?id=734

 

■今回のツアー概要

2012年2月11日(土)、 その際に講義に参加された皆さんが亘理町へお越しになり、
亘理町の沿岸部にあった防潮林となる木を育てる「防潮林育成プロジェクト」が開催されました。


シブヤ大学参加者の皆さんは、大震災以後に宮城県や亘理町を訪れたことが無い方ばかりだったので、宮城県亘理町や山元町の沿岸部や亘理町の産直市場のご案内、亘理町特産のいちご栽培を再開しようと頑張っておられるいちご農家さんのお話しを聞きました。

 
 

 

■今回の防潮林PJについて
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ .


<市民参加型 防潮林育成プロジェクト 2012年2月11日完了分>
・開催日時 : 2012年2月11日(土) 13時~16時
・開催場所 : ベリーズガーデン いつき
・参加者  : 8名(すべて県外からの参加者)
・作業内容
・ポットに広葉樹(カエデ)の木の種を植える作業
・2月11日に完成したポット : 1548個

 『 これまでに完成しているポット : 合計 12348個 』
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ .

大震災直後、
宮城県沿岸部の地域においてはヘドロかきなどの力仕事のボランティアが多く必要とされていました。

大震災の発生から時間が経った今からでも、
東北の皆さんのために何かしらお役に立ちたいという方が、今でも全国にたくさんいらっしゃると思います。

今回のプログラム参加者の方から、この防潮林のプロジェクトでは力仕事のボランティア活動とは違い、時間が経ったこれからでも老若男女誰でもが宮城県亘理町の皆さんのために
役に立つことができる活動に参加できて、とてもよかったとおっしゃっていただきました!


今回、木の種を植え付けたポット約1500個をつくることができました。

これまで、皆さんのおかげさまでポットが合計約12,000個も完成いたしました。
ありがとうございます。

これからも、まだまだ防潮林の種の植付作業を続けていきます。
たくさんの皆さんのお力が必要になります。
多くの皆さんからのご参加をお待ちしております。
ライン